電気探査(比抵抗法)の概要

電気探査は、地下を構成する物質の電気的性質を測定する手法です。電流の比抵抗(電流の流れにくさ)は、岩石や地層などを構成する物質や地層内の間隙率、水飽和度などによって変化します。その性質を利用して比抵抗分布から地下構造を推定することができます。電気探査は、河川堤防、破砕帯・変質帯、貫入岩体や空洞の調査および地下水経路、地盤改良効果測定の調査に適用されます。

測定方法

測線上に等間隔に電極を配置し、2つの電流電極と2つの電位電極を設置します。電極間隔は2~3m、探査深度は最大20m程度まで可能です。表に設置した一対の電流電極から電流(I)を流し、別の一対の電位電極間の電位差(V)と電流値を測定しデータを記録。電極の間隔を順次広げ、それぞれのデータをとります。

解析方法

測定により得られた電流値と電位差を把握します。

電流値と電位差からまず見かけの比抵抗地を算出します。

2次元解析し二次元比抵抗断面を求めます。
二次元比抵抗断面をカラー・コンター図として出力します。

特徴・メリット

  • 二極法、三極法(ポール・ダイポール配置)、四極法(ダイポール・ダイポール配置、ウェンナー配置等)など、任意の電極配置ができる
  • 振動・騒音など発生させずに行える
  • 火薬類等の危険物を使用しないため作業上の制約がない
  • 漏水箇所に的確なボーリングが打てる
  • 基礎地盤の基礎処理工法や施工範囲を的確に推定できる
  • 漏水箇所や基礎地盤の推定精度が向上し、工期・工費削減が図れる

探査対象

  • トンネル地山調査
  • 断層・破砕帯調査
  • 産廃等埋設物調査
  • 空洞調査
  • 地すべり・地下水・温泉の調査

調査使用機器

株式会社アジアジオでは、電気探査を使用する各種機器をご用意しています。調査にあたっては事前に現場状況を十分把握した後、最適な探査法・機器を選択し最適な調整を行ったうえで探査します。

事例紹介

こちらの資料は現在取りまとめておりますので、もう少々お待ちください。

実績一覧

お客様の声

  • ページの先頭へ戻る

物理探査のことならまずはお気軽にご相談ください。