検層の概要

検層とは、ボーリング孔内にさまざまな測定器(プローブ)を挿入し、地盤あるいは岩盤のさまざまな性状を把握しようとする調査方法です。検層にはPS検層(ダウンホール式、サスペンション式)、ボアホールカメラ検層、電気検層といった手法があり、それぞれ測定方法や把握できる地盤、岩盤情報が異なります。

各検層の基本原理、測定条件と把握できる地質の情報

  PS検層 ボアホール
カメラ検層
電気検層
ダウンホール式 サスペン
ション式
基本原理・
特徴
・地表起振、孔中受振
・測定深度毎の波動の伝播時間をプロットした、走時曲線の傾きから、地層の区間毎の速度を求める
・孔中発振、孔中受振
・2つの受振器により、所定深度を挟む1m区間の地層の速度値を求める
・プローブに内蔵されたCCDカメラにより孔壁の映像を撮影する
・撮影された画像から亀裂などの不連続面の走向・傾斜を読み取る
・ボーリング孔内と地表面に設置した電流電極と電位電極を用いて、ボーリング孔近傍の地層の電気比抵抗値を連続的に測定する
測定条件 ・孔内水の有無に関係なく測定が可能
・保護管が挿入されていても、測定は可能
・孔内水位以下で測定可能
・保護管が挿入されている場合は測定不可
・孔内水の有無に関係なく測定可能
・裸孔での測定が絶対条件、孔壁が脆弱な場合には透明なアクリル管を利用しての測定が可能
・孔内水位以下で測定可能
・保護管が挿入されている場合は測定不可
把握できる
地質の情報
・地層のP波速度、S波速度を把握する
・計算によりポアソン比、剛性率、ヤング率の算出が可能(ただし、剛性率、ヤング率の算出には地層の密度値が必要)
ステレオネット等の統計的手法で岩盤の亀裂に関わる特徴を把握する ・地層の見かけ比抵抗値を把握する
・地質変化、帯水層位置の判定
検層の種類について

各検層の詳細は下記ボタンをクリックのうえご確認ください。

  • PS検層
  • ボアホールカメラ検層
  • 電気検層

実績一覧

お客様の声

  • ページの先頭へ戻る

物理探査のことならまずはお気軽にご相談ください。