表面波探査の概要

表面波探査は、水平多層構造の地表面を伝わる表面波を人工的に起こして、伝達速度を測定する手法です。地表面に与えた振動を受振し地表面付近を伝わる表面波を捉え、表面波の分散現象を逆解析することによりS波速度分布を求めることができます。深度15m程度までが測定範囲で、不同沈下のリスクを的確に判断できます。

測定方法

調査対象地に1m間隔で受振器を12個あるいは24個設置し、起振器で人工的に振動を起こします。この振動が地中に伝達する表面波を受振器で計測。表面波の変化から地層の境界を読み取り、各層の支持力や地盤の硬軟を判断します。

解析方法

測定により得られた表面波は共通起振点記録として出力されます。この記録を専用解析ソフトを用いて解析します。

共通起振点記録の表面波を周波数(見かけ速度分布)に変換します。

周波数(見かけ速度分布)から位相速度分散曲線を作成します。

非線型最小二乗法を用いて一次元の逆解析を施し、一次元S波速度構造(深度方向)を作成します。

一次元S波速度構造をもとに、
二次元S波速度構造断面図を作成します。

特徴・メリット

  • 地盤のS波速度を求めることができる
  • 埋設物や空洞といった不均質層の情報を得ることができる
  • 深度15m程度まで測定できる
  • 広い範囲を経済的に調査できる
  • 起振にはカケヤを用いるため、火薬は不要
  • 非破壊試験である
  • 舗装地盤・硬軟互層地盤にも適用できる
  • 下位の低速度帯が未検出になることがほとんどない

探査対象

  • 軟弱地盤の有無・程度
  • 土砂の状態把握
  • 廃棄物埋没調査
  • 河川堤防調査
  • 液状化予測

調査使用機器

株式会社アジアジオでは、表面波探査に使用する各種機器をご用意しています。調査にあたっては事前に現場状況を十分把握した後、最適な探査法・機器を選択し最適な調整を行ったうえで探査します。

事例紹介

こちらの資料は現在取りまとめておりますので、もう少々お待ちください。

実績一覧

お客様の声

  • ページの先頭へ戻る

物理探査のことならまずはお気軽にご相談ください。