電気検層について

電気検層

ボーリング孔内や井戸に電極を下げ、孔内の見かけ比抵抗(電気抵抗)値を測定する手法です。削井工事や深堀のアース工事、地層の特定が必要な石油や天然ガス、温泉水などの調査では必須となっています。

測定方法

測定方法

ボーリング孔内に一対の電流・電位電極A、Mと,地表にもう一対の電流・電位電極B、Nを配置します。孔底からプローブを上昇させながら、A-B間に電流Iを流し、M-N間に生じる電位差Vを連続的に測定します。これにより、極間隔A-M間を半径とする地層の見かけ比抵抗値を算出できます。

解析方法

解析方法

ボーリング注状図とともに、連続記録として電気比抵抗値、自然電位を図表化します。

【特徴・メリット】

  • 裸孔での測定ができる
  • 孔内の水位以下でのみ測定できる
  • 金属製保護管内、無孔の絶縁材料製保護管内では測定できない

【探査対象】

  • 削井工事
  • 深堀のアース工事
  • 地層の特定が必要な石油や天然ガス、温泉水などの調査
  • 岩盤の風化状況調査

【調査使用機器】

調査使用機器

【事例紹介】

こちらの資料は現在取りまとめておりますので、もう少々お待ちください。

実績一覧

お客様の声

  • ページの先頭へ戻る

物理探査のことならまずはお気軽にご相談ください。